■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■七月のおだい「ほうき星」

  眩しい世界の扉が開いた
  もう一度何かを始められそうなんだ
   (the pillows「ザ・サードアイ」)


「どうだ?」
 山中は左手をわきわき動かした。「ギター触ってる?」みたいな意味だと僕は思った。事実そうだろうし。
「まあ、おかげさまで」
 無精髭面の男は微笑んだ。この男が笑うと本当に怖い。
「あぁ、そうだ。これ」
 山中が取り出したのは紙切れ一枚だった。
「……なんですか、これ」
「俺、バンドやってるんだけど、今度来ないか?」
「え……」
 正直、気が引けた。ライブのチケットというものは高価だし、そういうものを貰うのは、どうなんだろうか。
「一応言うが、もともと一枚千円するかしないかだ。そんな気にするなよ」
 顔に出ていたらしい。
「でも……」
「いいから、来い。先輩命令だ。オーケィ?」
 無精髭の悪そうなお兄さんを前にすると、答えは一つだった。

 彼らのライブは土曜日に行われた。かなり小さいライブハウスで、人もそこそこだった。出演表を見て事前に山中から教えられたバンドの名前を探す。あった。「LATE BOOMERS」。彼らは前座でやるらしかった。
 山中はチケットを渡すときになにか言っていたが、まずは楽しもう。
 会場は薄暗く、出演者を照らすライトだけの簡素な作りだった。
 真ん中の一番前を何となく陣取った。人もまばらだし、まあ迷惑もかけてないだろう。
 照明が完全に落ちて、出演者を照らすライトだけが残った。微かな声援と共に、現れたのは三人の男女だった。
 ベーシストは筋骨隆々のがたいのいい男。ギタリストは髭を剃った山中だった。最後に入ってきたドラマーを見て、僕は固まってしまった。日系の顔で、髪は金色に染めているんだろう。どこからどう見ても日本人だ。かけ離れてる。けれど、彼女はポーリーにしか見えなかった。幻じゃない。現実だ。
 僕の硬直はドラマーがスティックをたたき合わせる音で終わった。
 はじけるようなギターサウンド。それを支えるベース。この二つが相まって美しい刺繍のような精緻な織物を作り出す。それを運ぶドラムのテクニック。
 リフが切り替わり、アルペジオへと切り替わる。観客が湧く。ベースの音も静かなものに切り替わった。
「We are fight back you」
 三人のコーラス。と同時に激しいディストーションサウンドへと切り替わった。先ほどの静かなリフは前フリで、この盛り上がりを持ってくるためだったのだ。
 そのサウンドが脈絡もなく切れ、曲が終わったのだと知れた。もう一分くらいあっても良さそうだったが、そこで途切れるのもまた、何か意味ありげだった。
 この後続けてもう三曲披露したが、全てが彗星のように繊細で輝き、そして尾を引いていた。
 数々の歓声を残しながら、彼らは舞台袖へ帰っていった。
 そこで、僕は山中の言っていたことを思いだした。自分たちの演奏が終われば、すぐに来て欲しい、とかそんな内容だった。
 僕はそこから出て出演者用の楽屋に向かった。随分簡単に通してくれて、すぐに入った。そこにはすでにあの出演者達がくつろいでいた。
「来たか」
 山中が言う。
「早く出ようぜ」
 ベーシストが言う。
「そうだな」
 二人は自分たちの楽器を持った。ドラマーだけが自分のスティックを持った。
 僕は何も聞かされないまま三人に着いていき、居酒屋に入るとすぐ彼らは酒盛りを始めた。
「……あの……」
 見知らぬ人にカウンター席で挟まれた僕は隣にいる山中に助けを求めた。
「ん?」
 答えてくれたのはなんとベーシストの方だった。
「いや、あの、今日、山中さんに来て欲しいって言われてきたんですけど」
「そうなのか? おい、山中!」
「んあ?」
 僕の頭越しに会話が始まった。
「んあじゃねェ。お前、今日新しいボーカル連れて来るって言ったろ?」
「なんだよ。もう居るだろ」
「どこにだよ」
「お前の隣だよ」
「えぇ……?」
 そう言ったのは僕とベーシストだった。
「……」
 僕とベーシストは顔を見合わせた。
「……聞いてないですよ」
「おい、山中! 本人にも事情説明してないのかよ!」
「代田、ウルサイ」
「ウルサイじゃねぇ!」
「じゃあごがつばえい」
「そういう屁理屈がうるさいよ!」
「おいお前ら一旦黙れ」
 と言ったのはドラマーだった。
「おい店員、マイク」
 ドラマーはちょいちょいとアイコンタクトで店員にマイクを持ってこさせた。おそらくカラオケである。僕はマイクを持たされ、聞き覚えのあるリフが始まった。知ってる曲だ。っていうかちゃんと断ってくれよ。けれどきつい、ドラマーの眼光の前では唄うしかなかった。
「……」
 歌い終わった。まさか、この曲が今の自分にフィットするなんて思ってなかった。きっと、随分新しい世界の扉は開いていたんだと思う。
 そして、三人からの拍手が起こった。
関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

KANTA

Author:KANTA
Are you alien?

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。