■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■実験小説 「I only sugar in tea 」

 僕が何をしたって言うんだろう。
 僕は喫茶店のオープンテラスで紅茶を飲もうと思ってた。大通りを通る車や人を見ながら紅茶を飲む気分だったのだ。だからそうしようと思った。
 だが予期せぬ出来事が起こってしまった。
 僕を黒い怪物が睨む。
「これ、どうするの?」
 マサイ族みたいな体色。ボサボサで黄ばんだ髪の毛。しかし服装は女子高生その物である。最近の留学生はマサイ族らしい。
「ねぇきいてるの?」
 化け物が言った。
 僕はどう答えようか迷ってたんだ。まさか町中でマサイ族に出くわすなんて思わなかった。しかも日本語を話している。
 化け物は僕の外見で悪いところをでっち上げた。
「髪の毛がボサボサだ」
 これは天然だ。おまえだって髪の色が黄ばんでる。
「顔が白くて今にも死にそう」
 おまえは黒すぎる。
「身体がもやしみたい」
 おまえは熊みたいだ。
「そのTシャツ、絵柄がださい」
 おまえの存在よりマシだよ。
「そのジーンズ、ぼろぼろじゃん。お金無いの?」
 おまえのその黒い制服のスカートはおまえのその黒い脚と一体化してコンニャクに大根が生えたみたいだよ。
「だいたい、あんたの紅茶が私のスカートに飛んだんですけど」
 しかし、まあ確かに言われるとそんな気はしてくる。
 僕は髪の毛がボサボサ。
 もやしみたいな身体。
 絵柄のださいTシャツ。
 そしてお金がない。
 その上就職しそこねてもう全て、全体的に、お先真っ暗だ。
 何事にも弱気で意欲がないし、頭が悪い。
 でくの坊でうどの大木。
 そのくせ誇りは人一倍。
 女の子とは喋れないし、友達も居ない。
 未来なんて知ったこっちゃない。
 昔のことは思い出したくない。
 今は今暮らし。
 ホームレスのお爺ちゃん一歩手前。
 むしろホームレスのお爺ちゃんの方が綺麗。
 老い消えていくなら燃え尽きた方がマシだと銃をとる勇気すらない。
 唾を吐いたらその場から全力疾走。
「おまえ迷惑なんだよ」。言えたは良いが相手は壁。
「君が好きだ……」。言えたは良いが相手はスズメ。
「きみは美しい……」。言えたは良いが相手はカラス。
「きみのためなら死ねる!」。言えたは良いが相手はハト。
「キミの瞳は百万ボルト」。地上に降りた最後の天使。
 気がつくと、化け物を誰か説得していた。
 店の制服を着ていると言うことは、店員らしい。
 絹のような体色。黒く艶のある長い髪。清楚な店の半袖、スカートと相まって清楚な印象。
 化け物はどこかへ退散し、彼女はこちらを見た。
「彼女、随分怒ってましたけど、どうしてですか?」
 僕はいきさつを説明するべく事の発端を話そうと思った。
「僕は、ただ――」
 相手の顔を見れず、つい俯く。

「僕はただ、紅茶に砂糖を入れただけなんだ」




       了



こんばんは、ご機嫌いかがですかー。KANTAです。
実験小説と言うことでして。えぇ。
この短編のアイディアみたいなものは昔から、実はあって。
さわおさんがラジオで洋楽の歌詞(誰の曲で誰の歌かは申し訳ないんですが覚えてないです)の話をされていて、「さんざん自分がいかにダメな人間かを言った後で最終的に『僕はただ紅茶に砂糖を入れたいだけなんだ』~。って来るのが、素敵!」みたいな話をされていましたので、「よし!」それをちょっと最後のセリフだけ貰って書いてみよう
と思いまして。
んで、書きました。

いやはや難しいですよ。
歌の歌詞のように、あるいはケータイ小説のような、はたまた普通の小説のような。
それにならないためにどれも意識しつつどれにもならないようにと気を遣い……。
大変な作業でしたよ。えぇ。
あぁ、この「えぇ」という切り返しで思い出したんですが友近さんとなだきたけしさんですか?
破局しちゃいましたねぇ。凄くどうでも良いんだけど(黙
けど、ぎすぎすした(どっかの「金髪豚野郎騒動」ではなく)終わり方ではなく友達の関係に戻った。って感じで。
ちなみに、僕は男女の友情は成立すると思いますね。
「成立しない!」って言う人はアレですか、異性をイエスかノーか、異性としてみるかそうじゃないかで見てるって事ですよね……。
この性犯罪者が!(黙
性犯罪者で思い出しましたがネストの管理人陣は色々やばいですよね。アグネスもとい法的な意味で(黙
某イブッキーと某ゼロッキーの蜜月やそれに対するよっちゃんの三角関係なんかは凄い混沌っぷり。
ちなみに「混沌」とかいて「かおす」と読みます。「カボス」じゃないです。「かもす」でもないです。ましてや「顔酢」でもないです。というか顔酢ってなんですか。酸っぱいんですか? あ、臭い? 臭いの? ……ドリアンの香り……? あぁ、そう……。
ドリアン?
そういえばネストのドリアンと言えばゼロッキー。ドドリアさんといえばよっちゃんですよね。
臭いんですね。はい。
ナニ臭いかと言えばまあ色んな匂いはするでしょ。
と、するとイブッキーは消臭剤ポジションか……。

お部屋の消臭力 ブラックローズ 400mlお部屋の消臭力 ブラックローズ 400ml
(2008/10/14)
お部屋の消臭力

商品詳細を見る


イブッキー(お部屋の消臭力ブラックローズ)「やぁ!」
ゼロッキー「……」
よっちゃん「……」
甘太「……」
コランダーヌ「……」ダヌダヌ
イブッキー(お部屋の消臭力ブラックローズ)「……」
ゼロッキー「……」
よっちゃん「……」
甘太「……」
コランダーヌ「……」ダヌダヌ
一同「……」
コランダーヌ「ダヌダヌ」
一同「……」
コランダーヌ「ダヌダヌ」
一同「……」
コランダーヌ「グヌグヌ」
一同「……」
コランダーヌ「グヌグヌ」
一同「……」
コランダーヌ「グスグス」
一同「……」
コランダーヌ「グスグス」
一同「……」
コランダーヌ「アグネス」
一同「……」
コランダーヌ「アグネス」
一同「……、……、……、……!?」

ガラッ


※この記事はアグネスに見張られています
※この記事はフィクションです。実在の団体、個人名とは何ら関係ありませんので……、うわ、なにするやめろ
関連記事
スポンサーサイト
タグ : *

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

KANTA

Author:KANTA
Are you alien?

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。