■1989年09月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■用語解説

人間。
特筆事項無し! 鏡の前に立てばどんなのかわかるはず。

フラウ・ウェア
主に褐色肌が多い。
三角耳というのはようするにエルフのそれ。
不老種で、雌雄同体。生理的に雌雄が入れ替わる。そのため一目惚れした彼女は……。なんて事がまぁまぁよくある。
あと白髪が多い。白髪というと聞こえが悪いので純白とでも言っておく。ちなみに白は神聖な色で、精霊とか、霊的な物と関わることができる。そんな設定。つまり生まれながらにしてイタコさんだと(黙
あ、魔法使い多いかもね。ムラースは特殊。そう考えると。

妖獣
妖怪。一言で言うと。
狐みたいな存在だから。あるいはタヌキ。
人を化かすので(偏見ですが)美男子、美少女多し。
髪の毛の色は緑とか、非現実なものが多い。
肌の色は褐色から白、黄色白人的なのまで。

ベビアン
赤ちゃん(ベビー)をそれっぽくアンつけて考えた種族、ベビアン。
最も心が綺麗で純粋な種族。警察に雇われて食べていくベビアンは多い模様。
なぜならば! ベビアンと眼を合わせてうそをつける人間はそういない。いたらかなりの大悪党。
ちなみにその純粋な瞳がいやで一部独裁地域では迫害の対象になっている。
本編中でリセが捕らえられていたのはそのため。ベビアンは超直感で何でもお見通しなのだ。

王族の金
髪の毛の色のこと。
金髪の者は王ないし貴族になる資格がある、と言うもの。

神性の銀
髪の毛が銀色のこと。
銀髪は神に認められた証。
神官になる者に多い。

霊媒の白
字のまんま。白い髪の毛の人は精霊に認められていると言うこと。
なので黒髪から白髪になった人は死期が近づいている証だとか酷いこと言われてる(何

奴隷の黒
これはもう撤廃されましたが、かつて黒髪は奴隷の髪の色だった。
国民的な髪の毛の色だが、これは「国民は国の奴隷」であることを示していると言われる。

妖獣の緑(あるいは赤、青、紫など)
妖獣であることはまず、髪の毛の色に出る、ということ。
通りを歩いている紫色の髪をしたおばちゃんは妖獣である可能性が高い(黙

ミドルネーム
ミドルネームには、職業、種族などがつくことが多い。
単純に名前のミドルネームもある。

ゴドーク
神官のミドルネーム。
神の犬であることを示す。

シンズ
罪人のミドルネーム。

呪い
人が人にかけることが主。しかしやり方が本当に面倒臭いので、廃れ、できる人はそう居ない。
もしかするとルラムとルーシルアは兄弟なのかも知れない。


コラム・年を取るあれこれ

皆さん、円柱を想像してみてください。その円柱の中にはそれぞれ層があるのです。それが、それぞれ種族にとっての世界です。
なぜ、フラウウェアは不老不死なのでしょうか。正確に言うと、不老不死ではありません。ゆっくりと、次第に年を取っていっています。それなのに、なぜ不老不死なのでしょうか、それは、彼らの生きる時間(世界)と人間界の世界がずれているからです。要するに精神と時の部屋的なアレです。生きる世界が違うために、寿命が延びるのです。つまり、フラウウェアは自分の世界(レヴラント)に戻れば、八十年くらいで死にます。人間は一分で一歳くらい年取りますが。いや、もっとか。一秒一歳?
ちなみに、シケーダというそれはもう美しい声を出す種族がいますが、人間界では一週間の命です。彼らも自分の世界だと八十年くらい生き続けます。人間は長生き、フラウウェアはもっと長生きですが。
なので、真の不老不死はこの世に存在しないのだ……。少年よ……。
フラウウェアは単体で……二十世紀ですね。5,6世紀で二十代なので(ムラース換算)。二十世紀生き続けてやっと死にます
スポンサーサイト

■キャラクター紹介



作品に幅を持たせるため、キャラクター表などは作ってないので、矛盾が多いです。いや、そのはず。なので、ちょっと優しい目で見てあげてね


ルーシルア・アファン
二十一歳くらい。
ミドルネームに罪人の「シンズ」を自ら刻む黒髪の青年。
かつて〈碧の国〉最強の剣士だったが、幼馴染みであり、〈碧の国〉王女、サークナヤ・ラブルーを殺害した罪にとわれている。
腰には一本の鉄剣と一本の鞘がある。
動物を引き寄せる呪いにかかっている。
・作者コメント
ペナルティーライフ、通称ペナライの主人公。かなり悲しい人物です。悲劇のヒロイン級。
彼はサークナヤと必ずまた生きて会う約束をしますが、その約束は結局果たされないままとなります。
悲しい人物。

サークナヤ・ラブラック
十二歳くらい。
〈黒の国〉の王女であったが、母親の虐待にあい、逃走を図ったところをルーシルアに助けられる。
勝ち気な性格の少女である。
髪の毛の色は王族の金
〈碧の国〉王女サークナヤ・ラブルーとは無関係
・作者コメント
ペナライのヒロイン。しかし彼女もまた悲しい人物。
ちなみに大人になると彼女は金髪をばっさり短くしますが、コレはサクナとの差別化を計りたかったもよう。そしてルーシルアにもうアタックする予定でしたが彼は軍人となって色々忙しく、自分も公務があるので、殆ど会えない、会っても殆ど話せなかったようです。

サークナヤ・ラブルー(サクナ)
二十三歳くらい。享年十八歳くらい
〈碧の国〉王女にして謎の死を遂げた。側近で仲の良かったが行方不明となったルーシルアの仕業ともっぱらの噂。
王女なので金髪
愛称がサクナであった。
・作者コメント
正直、ルーシルアと恋人とかじゃないなぁ。
姉と弟みたいな感じかな。ルーシルアもそう思ってるし。
彼女が自害した理由は、父親の完璧主義が原因。上のヒロインとは無関係。念為

バッムン・ノシロア
二十二歳くらい。
ルーシルアが現れるまでは〈碧の国〉最強といわれていたが、少年時代ルーシルアとの対決により負ける。
実はお人好しで〈朱の国〉に立ち寄った際、小さな少女を助けるが売春騒ぎに発展。一転し、負け犬人生を歩むが、〈黒の国〉の女王に拾われ、戦士長となる。
しかし最終的にサークナヤを逃がしてしまい、解雇となる。
・作者コメント
ロリコンで有名(笑)
で、す、が。今回は嵌められたと言う設定に。けど少女好きなのは同じようで。
困った女の子を見つけると助けてあげたいという人なのかな。そのせいで酷い生活を送った時期があったけど。
結構なまとも人間。てか紳士。ジェントルメン。変態じゃないよ。念為!

レーベン・ルクスリエース
二十五歳くらい。
貴族の生まれで金髪。サクナのことが好きで、許嫁だったが、ルーシルアが現れてから良いことがなかった。だがそれでもサクナが幸せならと思っていたが、サクナがルーシルアに殺されたという噂を信じ込み、ルーシルアへの復讐に燃える。
・作者コメント
C,Vは要潤(笑)
幻想の復讐に燃える。ちなみに噂流した張本人。
彼もムラースさん所でせっせと修行した。自ら彼女に弟子入りしたのは彼が初めて。の、はず。

ファンタン・ゴースト・カッツェ
年齢不詳。おそらくルーシルアよりも年上だが、見た目は十三くらいに見える。
妖獣で、髪の毛は緑色。
普段は戦わないが戦闘能力は高い。正義が好きで、悪嫌い。そのためルーシルアの過去が暴かれたさい、ルーシルアのもとを離れた。なお、そのときに彼女の初恋は失恋で終わっている。
普段は人間だが妖獣の姿になると、犬のような狼のような怪物となる。が、その姿は神々しい。
・作者コメント
可愛い(何
いや、脳内ビジュアルがね。うん。
かなり騙されやすい人。ルーシルアからもいろんな面で騙されてる(笑)
上では失恋と書きましたが、未だにちょっと気があるもよう。
ツンデレ? ツンドラか。いや、ツンデレだな。

ムラース・フラウウェア・ロゼ
年齢不詳。おそらく、五,六世紀生き続けている。見た目は二十代。
不老種族であるフラウウェア。
〈碧の国〉の将軍で、ルーシルアに剣術などをたたき込んだ張本人。剣術の鬼
ルーシルアにとって母親のような存在であるらしい。
・作者コメント
ボンキュ
よっちゃんが好きなキャラだったはず。
フラウウェアというのは雌雄一体の種族で、男女を行ったり来たりしている種族。サクナの初恋はこの人に持っていかれました。
一言で言うならばクマノミエルフ。
なんか、俺の中でものすごくえろいイメージあるんだが、何で?(しらんわ)

クンファー・ゴドーク・インケージ
二十代
神官で、腰の剣は決まった時間にしか抜けない。
リセのことが好き
・作者コメント
ロリコンとかじゃないよ。念為。
リセの前では吸わない煙草。
剣術は結構強いらしいね。この子。

リセ・ゴドーク・ベビアン・スタース
実はリセ・ゴドーク・ベビアン・ロッタ・アウォン・ライドン・シューター・スタースが正式な名前。あまりにも長いため、適当に略しているが、種族名、職業名、姓は名前にいれる必要があるため、上の名前で落ち着いている。
純粋な心を持ち、超直感で有名な種族、ベビアンである。ちなみにベビアンが取る歳のスピードは遅い。
クンファーにべっとりだが、どちらかというと恋人より父親のような存在として受け止めている。
身長が高く細いが、出るところは出るという美しいラインの体型のため、ギャップで笑われる事もおおい。
本編では囚われの身となっている。
ちなみに身長はクンファーよりも高い。
・作者コメント
アウォン・ライドン・シューター・スタースは「アイ ウォント ライド オン シューティング スター」から発展。
ベビアンを一言で言えば人間版アホウドリ。誰にでもついていきますよー。ちなみになぜプリズーンで捕らえられたかというと、市長さんを見た瞬間に、こいつイヤなヤツだと悟ったから。それを言って捕まりました。
牢屋でなぜあんな格好(すっぽんぽん)になったかというと、市長(と作者)がいやらしいから。
どういうカミングアウトだよ。

ハーン
十八歳くらい。
ムラースに剣術をたたき込まれた可哀想な青年。
ルーシルアに憧れ、そして失望した人間。
・作者コメント
ムラース将軍に筋を認められて良いことがあった人間は誰ひとりとしていない(笑)
ハーンという名前は時の神・ハーンから来ているそうですよ。ちなみにあっちの世界でハーンは主神らしい。

シャン、エネトゥス、ルラム
シャン(二十代・女)
エネトゥス(四十代・男)
ルラム(十代・女)
法の都プリズーンに自由を求める三人の戦士。
エネトゥスとルラムは師弟関係にある。
・作者コメント
ルラムには持っている物がどんどん重くなるという呪いがあります。そのため結構むきむき(笑)
しかしそれを利用した剣術を使います。破壊力は抜群。
エネトゥスはオッサン(笑)
結構強いらしいですが目立ってません。
シャンは……特筆事項無し!(笑)
式を放つ銃みたいなのを持っている設定だった。が、やはり目立ってない。
続きを読む >>

プロフィール

KANTA

Author:KANTA
Are you alien?

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。